「審査」 一覧

no image

金融機関にとっての優良顧客になろう

金融機関は取引実績を最も重視する 金融機関にとっては、貸し付けた資金が戻らなければ、利息収入どころか大きな損失になってしまいます。 そのため、初回利用者に対しては、属性などによる厳格な審査を行っている ...

no image

信頼性が高い書類ほど少なくて済む

運転免許証と給与明細だけで審査は通る サラリーマンとして働いている方ならば、ほぼ運転免許証を所有しています。 車の運転が許可される上に、社会的に広く用いられる身分証明書となっているのが特徴です。 社会 ...

no image

人によっては収入証明書の提出が不要

収入証明書の提出を求められないケースも 初回利用者から提出してもらう収入証明書は、金融機関にとって重要な確認です。官公庁から発行された証明書だけに、やはり他の書類とは格が違います。たとえば、個人商店で ...

no image

自営業の扱いはどうなるのか?

自営業は収入の不安定さがネックになる 日本の職業区分では、法人化していない個人は全て自営業として扱われます。 会社の下請けになっているフリーのプロなどは、個人事業主として税務署へ確定申告を行い、自分で ...

no image

すぐに逃げられる状態であるほど不利

定期的に返済できる環境であるのか? 金融機関が貸付において求めるのは、定期的に返済してくれる誠実さです。 よって審査では当然年収が最重要ポイントですが、審査では住居形態や居住年数といった項目も重要視し ...

no image

金融機関によって判断基準が違う

銀行、消費者金融にはそれぞれ得意分野がある メガバンクまで少額融資に乗り出してきた現在では、各消費者金融とも、自社がいかに利用しやすいのかをアピールしています。総量規制などで貸付に制限がかかっていても ...

no image

年齢によって不利になってしまう事例

あまりに高齢だと断られてしまう恐れが 消費者金融は、担保や保証人を用意できない方にも広く融資をしています。 しかし、その人物を信用して貸付をする為、すでに高齢の属性では断るケースも。 高齢の方は持病が ...

no image

固定電話はあった方がいいのか?

固定電話は身元確認の一種になっている 固定電話は、誰でも加入できる公共のライフラインと見なされており、加入権を購入することで設置できます。現在では、加入権のレンタルによって、昔に比べて格安の費用で利用 ...

no image

今の住居にどれだけ住んでいるのか?

同じ住所に長く住んでいると属性が高い 同じ住所に長く住んでいる事実は、それだけ後ろ暗い事情がないことだと見なされます。 審査では、安定収入と並んで重視される項目となっており、高収入であっても短期間で引 ...

no image

何事も長く続けていることが重要

勤続年数が長いほど好印象になる 消費者金融の審査は、初回利用者であっても、短時間で済ませる手際の良さが求められます。 したがって、証明書に頼らない判定基準も作っており、公的な証明書がなくても対応できる ...

Copyright© 借り入れマスターサイト , 2017 All Rights Reserved.