銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行のメリット

  • 業界最低水準の年利3.0%~17.8%
  • 利用限度額は最高800万
  • 借入残高30万以下なら業界最低水準の月々7000円からの返済
  • おまとめ・借り換えOK
  • 口座不要で利用できる
  • ジャパンネット銀行口座への振込融資の場合はいつでも即時振込!

オリックス銀行カードローンのメリットは業界最低水準の金利です。年3.0%~17.8%となります。下限金利が3.0%なので大きな金額を借入予定の方にはおススメです。また限度額も最高で800万円と一般的な銀行カードローンと比べるとスペックが高いです。

また月々の返済額に関して、借入残高30万以下の場合、月々7000円なのは三菱東京UFJバンクイックの月6000円に並び最低水準の金額となるので借りる側としてもメリットが大きいです。

オリックス銀行は無店舗型なので口座が無くても来店不要で利用できるのも利用者側としてはわずらわしさがなくて楽ですね。

また使用用途が自由のカードローンでありながら「借り換え・おまとめOK」と謳ってる点も見逃せません。

借り換え・おまとめとなると返済専用となり新たな借り入れが出来ないローンが多いのでフリーローンでアピールしてるのはポイントが高いです。

もちろん、三菱東京UFJ銀行バンクイックやみずほ銀行カードローンといった他行のフリーローンをおまとめ目的に利用は出来ます。

オリックス銀行は消費者金融のように振込による融資も行っておりジャパンネット銀行への振込は「即時振込サービス」により平日、土日・祝日の0:10~23:50の受付時間内ならいつでも即時振込されます(※システムメンテナンスのため、毎日3:00~4:10は利用停止)。

もしジャパンネット銀行口座をお持ちであれば「登録口座」、「振込専用口座」どちらかに登録しておけばとても便利にご利用頂けます。

もちろん他行への銀行口座への振込も対応しており8:40~15:00の間に依頼をすれば即日振り込まれます。

オリックス銀行カードローンのデメリット

  • 最短で即日審査なので即日利用不可
  • 100万円未満の借り入れは12.0%~17.8%

オリックス銀行カードローンのデメリットは三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックやみずほ銀行カードローンのように最短で即日利用可能な銀行カードローンもある中、最短で即日審査なので即日利用が出来ないという点です。

元々銀行カードローンの審査は2,3日掛かるものですので、アコムやオリコと連携してスピード審査を行ってる上記で挙げた二行が早いだけで銀行カードローンとしては至って普通のスピードです。

そして100万円未満の金利が12.0%~17.8%となるので、少額の限度額になると消費者金融とさほど変わらない17.8%の金利が適用されてしまう点でしょう。100万未満の場合は上限金利が低めに設定されてる銀行を選びましょう。

10万円以上100万円未満の場合、みずほ銀行は年14.0%、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは年12.6%~年14.6%、楽天銀行スーパーローンは年14.5%、三井住友銀行カードローンは年12.0%~14.5%となるので参考にしてみて下さい。

オリックス銀行カードローンの審査に関して

オリックス銀行も三菱東京UFJ銀行バンクイックがアコム、みずほ銀行カードローンがオリコに審査・保証を委託してるように、オリックス銀行カードローンも審査・保証会社を委託しています。

審査・保証を行うのはオリックス・クレジットまたは新生ファイナンシャルです。2つのうちどちらかを選べます。

オリックス・クレジットはオリックス株式会社の子会社でクレジットカードでお馴染みですね。新生ファイナンシャルはレイクの子会社となります。

ですのでオリックス関連のクレジットやローンで限度額近くまでの借り入れがあったり、借入・返済状況が良くない、オリックス・クレジットの審査で過去に落ちたことのある場合は新生ファイナンシャルを保証会社に選択しましょう。

レイクでの借入・返済状況が良くない、レイクの審査で落ちたことがある場合はオリコを選ぶことで多少は審査の通過率がアップするかもしれません。

ただ個人信用情報機関のCICで両会社お互いの借り入れ状況や残債、返済状況は確認出来ますので審査担当者がどこまで審査でチェックするかによります。

保証会社2社の関連してるカードローンやクレジットの使用履歴が良くない、両方落ちたことがあるなら他行のカードローンを申し込むことをおススメします。

-銀行カードローン

Copyright© 借り入れマスターサイト , 2018 All Rights Reserved.